マーサのLet's enjoy Bangkok💓

バンコク庶民派駐在妻のマーサです。情報交換して、バンコク生活を楽しんじゃいましょう!

MRTパープルラインとブルーラインが繋がった!〜パープルラインの見どころ〜

f:id:marsabangkok:20170813180823j:plain

昨年開通したMRTのパープルライン。
開通はしたものの、バンコク市内を走るプルーラインの終点、バンスー駅とは離れていて、パープルラインの始発駅タオプーンまでは、シャトルバスに乗らなくてはなりませんでした。
過去記事↓↓
MRTパープルラインに乗ってみた(^o^) - マーサのLet's enjoy Bangkok💓

ところが!!
8月11日にブルーラインがタオプーン駅まで延長し、ダイレクトに乗り換え可能になったのです(^^)v
f:id:marsabangkok:20170813205753j:plain

そこで、再びパープルラインの沿線へお出かけすることにしました。

まず、ブルーラインの終点、タオプーン駅まで。
f:id:marsabangkok:20170813205531j:plain

途中、チャトチャックウィークエンドマーケットに行く人で混み合っていたけれど、ガンペーンペット駅を過ぎたらガラガラに。
MRTの車内は、エアコンがガンガンにかかっていて、寒いくらい。
バンスーまでは地下を走るけれど、次のタオプーンまでに地上に出て、高架を走ります。

・タオプーン駅周辺
タオプーン駅に到着すると、駅員さんが乗換案内をしていました。
キョロキョロしていると、すぐに話しかけてくるので、ちょっと恥ずかしくなっちゃうくらい(*^^*)
パープルラインの駅員さんはみんなとっても親切です。

すぐに乗り換えようかと思ったんだけれど、タオプーン駅で下車して街探検。
f:id:marsabangkok:20170814011331j:plain
駅を降りてすぐの市場にある、アイスクリーム屋さん。
f:id:marsabangkok:20170814011648j:plain
地元の人がたくさん来ていて大賑わい。
1種類で15バーツ(約48円)、2種類で30バーツ(約96円)と激安!
f:id:marsabangkok:20170814011252j:plain
コーヒーとタイティー味をチョイス。
トッピングは、もち米とピーナッツとお豆。
タイスタイルのもち米とアイス、とっても美味しいの!

10分ほど歩き、ソイ・プラチャーナルミットへ行くと、木彫り職人・家具職人のお店が並ぶ通りがあります。
f:id:marsabangkok:20170814012821j:plain
木彫りのインテリアアイテムや、家具が買えたり、職人さんの技を見たりすることができるとあって期待して行きました。
ところが、今日は休日でお店はほとんどお休み(ToT)
ぜひ平日にまた行ってみたいです。


・サイアム・ジプシー・ジャンクション、バンソーン駅
ここは、パープルライン2つ目の駅。
今回まだここは行けてないのだけれど、アンティークがコンセプトのナイトマーケット。
こちらのブログで詳しく紹介されています。↓↓
サイアムジプシージャンクション。MRT パープルライン沿いのナイトマーケット。 | 【結論】タイ一択。
絶対行ってみたい!!


・セントラルプラザ・ウエストゲート、タラートバンヤイ駅
MRTスクンビットからここまでは、片道45バーツ。
ここは、数あるセントラルのショッピングセンターの中でも最大級。
2年前にできたので、比較的新しく流行りのお店も多く入っています。
駅を降りてすぐ、スカイウォークで繋がっています。
f:id:marsabangkok:20170814014754j:plain
中には、飲食店(日本食も多数)、服(ユニクロ、H&Mあり)、雑貨(ダイソーやメイソウなど百均の店がたくさんあって比べるのも面白い)、スポーツ、靴などの専門店、セントラルデパートやトップススーパーマーケットも入ってます。
シネコン、フイットネスクラブもあり。
もうすぐメガバンナーに次ぐ、IKEA2号店も開店するようです。
f:id:marsabangkok:20170814020803j:plain
中は明るく、エスカレーターの部分は吹き抜けになっているの。
それにしても、すごい人!!
バンコク中心部のショッピングセンターのように、外国人の姿あまり見かけないの。
日本では、休日にはみんなイオンモールに行くように、タイではこんなショッピングセンターで過ごすのが楽しみなのね。

アクセスも良くなったパープルライン、ぜひまだの人は行ってみてくださいね!
また、他の見どころがあれば、情報ぜひ教えて下さい❤


↓↓こちらをポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村